腸のトラブル

【スポンサードリンク】

腸のトラブルは、出ない悩みの便秘や出すぎる悩みの下痢があります。
腸の中はキチンとした検査を行わなければ実際に見る事はできませんが、腸のトラブルを伝える様々なサインを見逃さないように注意してお腹の中からスッキリ綺麗をめざしましょう。

排便は、「毎日1回必ずある。」と言う状態が正常と言う訳ではなく、2~3日に1回でもスッキリスムーズに出るのであれば便秘とは言えません。また、1日に2~3回排便があっても腹痛など、何の苦痛もないのなら下痢と言う事もないのです。
ですが、排便の回数が少なすぎると腸の中に溜まった便からガスが発生し、臭いおならが出たり、お腹が張ったりすると言う不快な自覚症状が現れます。4日以上排便がない場合や、例え毎日排便があっても便が硬くなかなか出ない場合は、便秘と言えるでしょう。

逆に液状の便が何度も出る様な場合は体の必要な水分やミネラルまでも排出してしまう為、体力が低下してしまいます。また、特に不快感はなくても便の臭いが強い人は、要注意です。この様な状態を腸のトラブル(便通異常)と言います。

大半の便秘や下痢は病気と言うよりも生活習慣などの影響が強いのですが、長引く場合には病院で検査をしてみる事も大切です。特に「排便時に出血した。」「便に血がついている。」「激しい腹痛があるが便が出ない。」「水の様な下痢が続く。」等の症状がある人は早めに医師に相談する事をお勧めします。

edit

【スポンサードリンク】