便秘薬

【スポンサードリンク】

綺麗な腸を作るにはやはり普段の生活が大変重要です。
しかし、どんなに生活改善法を試してみてもやっぱりなんとなくスッキリしないとか、大変頑固な便秘には、薬の助けが必要になる場合もあります。

腸の働きが著しく鈍ってしまっている人は、食事や運動だけではどうにもならないと言う事もあるのです。その様な場合、生活改善とともに薬を併用する事も悪い事ではありません。
実際に薬局には、様々な便秘薬や整腸剤が販売されています。それだけ薬に頼っている人が多いと言う事なのですが、安易な薬の乱用はかえって腸の汚れを酷くしてしまい、粘膜を傷つけてボロボロの腸にしてしまう事もあるので、あくまでも一時的な最終手段と考えておくようにする事が重要です。

薬を使わなければスムーズな排便が出来ない様になってしまうと(薬の常用)下痢をする事が多くなり、効き目の低下による自己判断での増量、自分で便を出さない事が原因での筋力低下など、様々な悪い状況を起こしてしまいます。そして、より一層頑固な便秘になってしまうのです。
薬を使用する場合は生活改善をともに行い、序々に薬の量を減らして行って、最終的に薬に頼らない事が望ましいでしょう。人間の身体は本来自分で排便できるようにできているのです。

どうしても便秘薬を使用する場合は、便をやわらかくするタイプと、腸を刺激して排便を促すタイプの2種類がありますが、まず、やわらかくするタイプの物から試してみると良いでしょう。
刺激タイプの便秘薬は作用が強く頑固な便秘にも効き目はあるようですが、乱用は絶対に禁物です。特に過敏性腸症候群タイプの便秘の人は症状を悪化させてしまう事があるので使用しない方が良いかと思われます。
薬を選ぶ場合、できれば自分の症状を薬局の薬剤師に伝え適切な薬を選んでもらう事をお勧めします。

edit

【スポンサードリンク】