生理前

【スポンサードリンク】

女性に大変多くみられるのが、月経前症候群が原因で起こる便秘です。
これは、生理開始の1週間程前から頭痛、腰痛、乳房の張りイライラ、倦怠感など、様々な不快な症状の事を言います。
そのはっきりとした原因は正確にはわかっていませんが、生理前になると黄体ホルモンの分泌が増えホルモンのバランスが変化して自律神経に作用して起こるのではないかと考えられています。
また、黄体ホルモンがたくさん分泌されると、結腸等の消化管運動を抑制させ、これが便秘を起こすのではないかとも考えられています。
特異な例ですが婦人科の病気や胃腸の病気で開腹手術を受けてことがきっかけでひどい便秘になってしまう事もある様です。
ホルモンのバランスが崩れがちになる更年期には、自律神経の働きも乱れてしまい、これも便秘の原因になってしまう様です。
身体から自然に分泌されるホルモンによって起こる便秘であるならば、日ごろから食事の内容や、時間に気をくばり運動不足にならない様に注意して、腸内の環境を良くしておく事が便秘を予防する事につながるのではないでしょうか。キレイな腸は「綺麗」と「元気」をつくってくれます。

edit

【スポンサードリンク】