過敏性腸症候群

【スポンサードリンク】

便秘が続いた後に下痢が始まる。
慢性的な下痢に悩んでいる。
食後にお腹が痛くなる。
まじめで几帳面な性格の人。
などの症状の人は、過敏性腸症候群の可能性があります。

これは、自律神経が「出ない」「出すぎ」を招き、弛緩性便秘と逆に大腸の蠕動運動が強く、腸がケイレンを起こして便通異常を引き起こす便秘です。
このタイプの便秘は、強い便意は起こりますが、カチカチで、コロコロした細い便しか出ないのが特徴で、便が出きっていない感じが残っています。
その最大の原因はストレスで、ストレスが自律神経の働きを乱し大腸をケイレンさせて、便秘や下痢を起こしてしまう様です。過敏性腸症候群の治療方法は、大腸を刺激しない事がポイントで、弛緩性便秘や直腸性便秘を解消する為の方法とは、異なります。

過労や、睡眠不足、職場、学校、家庭でのトラブルなどストレスの原因は人によって異なりますが、そのストレスの原因を突き止める事が大切です。疲れている時はストレスも感じやすくなりますので十分な休息を心がけストレスを忘れられる、何かに熱中してみるのも良い方法かもしれません。
また、病院で腸の緊張を鎮める薬も処方してもらえる様です。

腸を刺激しない食事など自分でも工夫しながら、上手に薬を取り入れていく事が改善への、近道ではないでしょうか?一人で悩まずに医師や周りの人に相談する事をお勧めします。

edit

【スポンサードリンク】