症候性の便通異常

【スポンサードリンク】

便秘や下痢で最も気をつけなければならない事は、何らかの病気の為に便通異常が起こっていると言う点にあります。便秘や下痢は生活習慣の影響が大きいのですが、見過ごしたら大変な事になる病気のサインである場合もあるのです。

例えば大腸にポリープやガンなどの病気がある場合は、腸管が狭くなり便が通りにくくなる為、便秘をする事があります。また、女性の場合には、子宮での病気が腸管を圧迫して便秘を起こす場合もあるのです。大腸や直腸の粘膜がただれたり、潰瘍ができている場合には、下痢が頻繁に起こって来る事もあります。

食事内容や、生活習慣を規則正しくしても便秘や下痢が改善されない。
細い便や平べったい便が出る。
血の混じった便が出る。時々腹痛が起こる。
などの症状がある場合には、早めに医師の診察を受けその原因を突き止める事が大切です。

年齢を問わず便秘や下痢の症状により重大な病気が隠されている場合もありますので、早めの受診をお勧めします。

edit

【スポンサードリンク】