お尻も元気

【スポンサードリンク】

腸が汚れた状態になっていると、便秘や下痢などの便通異常が起こってきます。
便秘や下痢は、お尻の病気である「痔」を引き起こす元凶なので、腸をキレイにしておくと、お尻も元気でいられるのです。
頑固な便秘により、硬い便を出すために強くいきみ、肛門周辺の血行が悪くなってしまったり、硬い便が肛門を刺激して出血する事もあるのです。これが痔の原因になります。

また、下痢を繰り返すことで肛門の粘膜が傷つき、未消化の食べ物が肛門を刺激して痔を悪化させる事もあます。一口に痔と言っても様々な種類がありますが、まず「切れ痔」と言うのは、肛門が切れたり、裂けたりしてでき、最大の原因は便秘です。

便秘によって硬くなった便が肛門に傷をつけ、それによって出血してしまい、強い痛みをともないます。軽度の場合は外用薬でなおりますが、慢性化すると傷口が潰瘍状になり、肛門括約筋が過度に緊張して肛門が狭くなって、細い便しか出す事ができなくなってしまう事もある様です。

「いぼ痔」は、直腸の末端や肛門を走っている細かい静脈の一部がいぼ状に膨らんでしまうと言うもので、腸の奥にできたいぼ痔を「内痔核」外側にできたいぼ痔を「外痔核」と言います。
内痔核はいぼが、大きくなって突然、出血する様になります。

外痔核は激しく痛むのが特徴です。いぼ痔はお尻の血行の悪さが主な原因で、便秘によるいきみや出産時のいきみなどが、大きくかかわっています。
「痔ろう」と言うのは、肛門のくぼみに便の中のばい菌が感染して化膿し、膿がお尻の筋肉を通って外側に出てきた状態の事を言います。最大の原因は下痢で、痔ろうになる前は必ず肛門の周辺に膿を持った痛いおできができるのが特徴です。
肛門周辺に痛いおできが繰り返しできる場合には、早めの受診をお勧めします。痔ろうは、手術を必要とする事が多い様です。

この様に便秘や下痢は健康なお尻の為に、大変良くないものなのです。
腸をキレイにしておく事は便秘や下痢をなくし、お尻も元気でいられるのです。

edit

【スポンサードリンク】