便の色や形状

【スポンサードリンク】

便の色で理想的なものは黄色や黄褐色で、バナナ状なら理想的です。
この様なの便は腸に善玉菌が多い健康な状態と言えます。
また、茶色も腸内細菌のバランスは良く、黄色に近いほど善玉菌が多いと言えるでしょう。
緑色の場合は、バナナ状の便であれば問題はありません。食べ物や薬品などの影響が大きいと考えられます。ですが、下痢をともなう場合は、急性腸炎や食中毒の可能性もあります。

次に赤色の便は大腸や肛門からの出血と考えられる場合があります。
黒色は上部の消化器官(食道、胃、十二指腸、小腸)からの出血か、薬の影響と考えられます。
灰色の便は肝臓の病気や膵臓の病気、胆のうの病気などが原因の脂肪の消化不良などが考えられます。
赤、黒、灰色の便の場合は、早めに病院での受診をお勧めします。
排便の度に、便を観察する習慣は、腸の状態を良く知る事であり、その変化を早く知る事ができます。
便秘や下痢はもちろんですが、色も健康な腸のバロメータになっています。
先ほどから度々出てくる「バナナ状の便」は理想的な便で色や臭いに異常がなければ大変好ましい状態です。
コロコロ状の便は便秘の便で、水分や食物繊維を意識して摂取すると良いでしょう。
水様状や泥状の便は黄色や、茶色の場合はそれ程心配いりませんが、赤い血便の場合は急いで受診する事をお勧めします。

edit

【スポンサードリンク】