便秘にマッサージ

【スポンサードリンク】

便秘が続くと左下腹や腰骨の出っ張りから少し下がった内側の部分に、便が溜まっているのがわかります。(少しお腹を押してみると良くわかるでしょう。)
身体の外側から腸をやさしくマッサージする事は便意を促す為に、大変効果的なのです。
便秘で困っている時に試してみてはいかがでしょう?

便秘改善の為のお腹のマッサージは大腸の流れに添って刺激を与えるのがポイントです。
まず両手の指をそろえて右手が下に来る様に重ねあわせ、指が右下腹にしっかり食い込む様にします。
右手で握り拳をつくり左手は上から押さえます。手首を少しまげ両手を重ねる様にしてしっかり押
さえながら、移動して行きます。
移動は、右下腹からおへその方へゆっくり円を描くように進み、おへそのあたりから左下腹に向かって、やはり円を描く様に降りていきます。これを何度か繰り返して下さい。
腸の動きに添って行っていますので刺激を受けて、便意を促される事が多いです。

次に便秘の時は、「なんとなく出そう。」「もう少しなんだけど・・。」と言う事がよくあります。
そんな時には、腰のマッサージも有効です。便座に座ったまま、腰全体を上下に手のひらを使ってゆっくりさすってみて下さい。
マッサージによる刺激で腰全体が温まり腸が動き始める事があります。
便秘特有のもう「ひとふんばり」を助ける方法として手軽に試してみて下さい。

edit

【スポンサードリンク】