リラックス法

【スポンサードリンク】

ストレスを解消に役立ち、リラックス効果が高いのは、何と言っても、入浴ではないでしょうか?
ぬるめのお湯にゆったり浸かる事で、高ぶっている交感神経を鎮めてリラックスした状態に導いて
くれるでしょう。
ラベンダー名等の鎮静作用のある入浴剤を入れる事で、さらに効果は高まるのではないでしょうか。

その他に突然の緊張等のリラックス方法としては、呼吸法があります。
鼻からゆっくり息を吸い、その吸い込んだ息でお腹を膨らませ、少しの間息を止めます。
次にゆっくりと口から息を吐き出します。これを一定のリズムでしばらく繰り返します。息をゆっくり吐く事は、交感神経を鎮めてくれるので、吐く事に重点を置いて、ゆっくり長く息を吐いて見ましょう。

もう1つの方法としては、筋肉の緊張をほぐす方法です。
思いっきり筋肉に力を入れて、一気に抜くのです。
これは、筋肉の緊張を和らげら事が出来て、硬くなった筋肉を弛緩させる事で、心身ともにリラックスする事ができます。
例えば、両手に力を入れて握り拳を作り、10まで数えます。
ぱっと力を抜いて両手を開き、10数えてからもう一度力を入れて握り拳をつくります。これを、何度か繰り返し行うと筋肉の緊張がほぐれ、交感神経が鎮まります。この様なリラックス方法を知っていると、トイレのない場所で急に便意を感じて緊張しまった場合等には役立つのではないでしょうか。
「便意を感じそう」と言う早めの段階で開始してみる事をお勧めします。
ですが、便意の我慢は、便秘を促進してしまう場合がありますので、出来るだけ我慢しないのが原則です。

急な便意への緊急対策として、また、ストレスの溜まった身体の自律神経の働きを整える方法として
知っておくと、便利でしょう。リラックスして、便秘や下痢のないキレイな腸を目指しましょう。

edit

【スポンサードリンク】