浣腸・腸洗浄

【スポンサードリンク】

便秘改善にはとにかく生活改善、特に食生活の改善が重要なのですが、直腸の下の方で硬く固まってしまった便が出口を塞いでしまい、どうしても排便できなくなってしまった場合、肛門から液を注入して排便を促す方法もあります。

これは、浣腸や腸内洗浄で、便秘解消の速効手段ですが、安易な使用は禁物なのです。
浣腸はグリセリンを主成分とした溶液を数ミリリットル注入し、腸内洗浄は数リットルもの溶液を、断続的に腸に送り込み排便を誘発します。
効果は抜群ですが、あくまでもこれは最終手段としてもちいるものでしょう。
4日以上排便がない。便意が起こっても硬くて出ない。
お腹が張って苦しい、痛い。など非常に苦しい場合にのみ限られます。
安易にこの方法に頼って強い刺激に慣れてしまうと、鈍っている腸の働きが益々低下してしまい、益々排便が困難になってしまいます。

また、直腸の粘膜が過敏になって便意が一日に何度も起こる様になってしまう場合もあるのです。
ダイエットや美容を目的に腸内洗浄をしたいと言う人も近頃多い様ですが、本来は便秘治療を目的としているものですから、便秘治療に必要と医師が判断した場合のみ保険の適用にもなる様です。

現在は、自分で出来る腸内洗浄の器具も販売されている様ですが、これも日常的に使用する事は、お勧めできません。頑固な便秘を克服し、ある程度改善されて来たら食生活や適度な運動により、自分自身の力で排便する事が最も望ましいと言えるでしょう。

edit

【スポンサードリンク】