下痢止め

【スポンサードリンク】

便秘同様に下痢も大変辛いものです。薬ですぐに止めてしまいたい気持ちはわかりますが、安易に下痢止めを使用する事で症状が長引いてしまう事もあるので、注意が必要です。

下痢止めには、腸の運動を抑制するタイプと腸の粘膜を保護するタイプがあります。
暴飲暴食や寝冷えなどが原因で起こる、急性の下痢は絶食が基本ですが、脱水状態になりやすいので水分だけは多めに補給した方が良いでしょう。
お腹を温めて静かに休み、温かい飲み物で水分補給し下痢が治まるのを待ちます。
下痢止めの使用は慎重にされた方が良いかと思われます。
使用される場合は、腸内の善玉菌を増やすタイプの整腸薬などの方が安心ではないでしょうか。

また食中毒などの細菌が原因で腸に炎症が起こり下痢をする場合には、安易に下痢止めを使用して止めてしまうのは、病原体や有毒な物質を体内に留めておく事になってしまうので、かえって危険です。
血の混じった水の様な便が止まらない時や、絶食、安静にしていてもなかなか治まらない場合には、市販薬を使用しないで、医師に診察してもらった方が良いでしょう。

便秘や下痢の腸内異常は本当に辛いものです。日ごろから、食生活や生活習慣に注意し腸内の善玉菌を増やす努力が大切です。

edit

【スポンサードリンク】