便秘にヨーグルト

【スポンサードリンク】

腸の中は無菌の状態ではなく、腸内細菌と言われる細菌がたくさん住んでいます。
それは大腸菌の様に悪い菌である悪玉菌や、人間の身体にとって絶対に必要な善玉菌の2種類に分かれます。
健康な腸は善玉菌が優勢になっていて、便秘や下痢の腸内異常も少ないのです。
ヨーグルトには、ビフィズス菌などの乳酸菌を増やす為に必要な、乳糖が含まれているので、毎日食べると非常に良い食品なのです。

なぜ毎日?と思われるかと思いますが、乳酸菌は寿命が短い為、毎日摂取する事が大切なのです。
ビフィズス菌等の乳酸菌には腸の蠕動運動を活発にするだけでなく身体の免疫力を高めたり、悪玉菌の抑制、などの働きがあり、身体の中で大活躍してくれるでしょう。
ヨーグルトにも様々な種類がありますが、どの種類でもその効果は期待できますので色々と試してみるのも良いのではないでしょうか?(乳酸飲料でも効果は変わりません。)

ここで1つ気をつけなければいけない事は、朝食をヨーグルトだけにする事です。そうなると、食事の量が減ってしまい、便が作られるのに必要な量が足りなくなってしまいます。
ですから、主食や野菜、水分をとり、その上でヨーグルトを食べるようにして、便秘や下痢のないキレイな腸をめざして下さい。

edit

【スポンサードリンク】