芋類

【スポンサードリンク】

便秘解消に「サツマイモ」と言うのは、聞いた事があると思いますが、サツマイモだけでなく芋類全般には食物繊維が大変豊富に含まれているのです。
それぞれに長所があるので、毎日どれかを食べる様にすると良いのではないでしょうか。

サツマイモは芋類の中で最も食物繊維が豊富な物で、甘みがあって食べやすいのでたくさん食べる事ができ、焼いたり、ふかしたり、乾燥させたりとその食べ方は色々あり、おやつにもてきしています。ただしサツマイモは便秘が続き、腹部の膨満感が気になる場合は、ガスが発生しやすくなるので控えた方が良いかと思われます。
これは、主成分の炭水化物が発酵しやすい為に起こる現象です。ジャガイモは調理法が多く使いやすい食材で、工夫次第で様々な料理に変身し、食卓を楽しませてくれるでしょう。

サトイモや山芋は、胃腸が弱く筋力や体力がない人の便秘改善にお勧めです。
サトイモや山芋のヌメヌメはムチンと呼ばれタンパク質と糖質が結合した物で、体内でグルクロン酸と言う栄養素に変化します。
グルクロン酸は解毒作用を持ち、胃や腸の潰瘍を防いだり、老化を防ぐホルモンの分泌を促す働きを持っていると言われています。また、先ほど紹介したコンニャクも、芋の仲間でコンニャク芋からできています。

ノンカロリーでダイエットにもてきしていて、コレステロール値を下げ、高血圧を予防し、血液をサラサラにしてくれる、優れた食品なのです。

edit

【スポンサードリンク】