便秘にオリゴ糖

【スポンサードリンク】

ビフィズス菌などの乳酸菌は寿命が短いため毎日補給する必要があります。
オリゴ糖はビフィズス菌だけが利用する食事の様なもので、他の腸内細菌に影響はなく、ビフィズス菌だけを増やす事ができるのです。
オリゴ糖の中には、人間の消化酵素では消化されないものがあり、そのまま大腸に入り腸内善玉菌のビフィズス菌のエサになるのです。
その結果善玉菌が増えて腸がキレイになり、便秘や下痢などの便通異常がなくなってくるのです。

乳糖や蔗糖、大豆、トウモロコシなど原料は様々ですが、効能は同じで厚生労働省によって許可された「特定保健用食品」です。
当初は虫歯にならない甘味料として注目を集めていましたが、現在では腸内の善玉菌を増やしてくれる働きの方が注目されています。人口甘味料としてガムやクッキーなどの菓子類に添加した食品も多くあります。
また、オリゴ糖と言うと甘い物だけに含まれていると思われがちですが、ネギや大豆、ごぼう、玉ネギ、アスパラガス等の普段甘みを感じない物にも含まれています。

オリゴ糖はヨーグルトと一緒に摂取すると、より効果的なので3度の食事だけでなく、おやつでも便秘対策をする為に大変便利な食品なのです。
ただし摂取し過ぎると下痢をしてしまう事もありますので、注意して下さい。

edit

【スポンサードリンク】